幼児から英語を。。

うちは1歳ではず〜〜と英語をきかせていました。brainy baby 右脳のシリーズなどは赤ちゃんには本当にいいでしょう。色、物を目で追う、単純はスペルの発音、大人が聞いているとつまんなすぎてたまらないけど、(^^;うちの子どもは結果、ら、り、る、れ、ろ、が外国人の人と変わらないです。例えば、キリンなどの発音もキリ(th)ンとなりました。リがthになります。日本人がもっともできないこの舌の使い方が成功!日本語は後からしっかりしてきますので大丈夫です。お陰で中国語もなんなく発音の聞き取りもでき中国人のママ友にも驚かれました。なぜ小さなうちから聞かせたかというと日本語は世界で1番ヘルツは低いのです。1番高いのはフランス語、ロシア語だったかな。なので、聞かせてましたよ〜。いつやらせるのか気になりますよね。睡眠学習です。後は遊んでる時にひきっりなしにかけておく。

これまで聞かせた多国語は、英語、フランス語、ロシア語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語ですね。

慣れてきたら高速で聴かせるといいですよ。それままたほかの物になります。

Brainy Baby – Right Brain / Children [DVD] [Import]

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2011年11月14日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:知育

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ