記憶法 七田式 ユダヤ人の教育法だったんだ。

ユダヤ人は賢い民族としられ、その最たる理由は優れた幼児教育になるんだそうです。その主な教育法として聴覚口頭法があげられるのです。これはユダヤ人にしかない知恵だともいわれ、聴覚口頭法とはまず、耳で聴いて(聴覚)その遠オリ真似て口で唱いながら覚える方法です。(口頭法)のこと、すなわち全てメロディーにのせて暗証させ、完全に覚えさせる記憶法のことです。

ユダヤ人の5000年の知恵をまとめたタルムードという本があります。その中に歌いながら「学ぶものは記憶に効果があると記されています。ユダヤ人は聖書を暗記しますがそれもメロディーとなり口から出るように、子供たちは学ぶのです。このように歌で拡大な量を覚えると全く違った記憶の回路が開けます、普通の記憶の回路は短期記憶回路ですが、歌って覚える記憶法を行うと長期記憶の回路を開くという秘密があるそうです。一旦、長期回路を開くと、後は拡大な容積の情報を楽に収める途方もない許容量の脳に変わってしまうのです。この脳の開きかたはただひたすらメロディーにのせて除法を入力するとことがスタート、次にそれにあわせてメロディーで記憶したとおり朗詠させることです。

難しい事じゃなくてただきかせてるだけ、七田式で思い出してみると、あいうえおのうた、理科ソング、社会化ソング、すべてのものが歌にされてそれを自然に歌ってる2歳児の我が子。。。パパも。。パパの為じゃないけど、、なぜか頭に残るらしい。。

その他の関連商品

[rakuten]sekaiya:10000771[/rakuten]
[rakuten]wgc501:10008069[/rakuten]
[rakuten]wgc501:10008065[/rakuten]

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2011年11月24日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:知育

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ